補足1)ピリジャー(略奪者)の対策について

補足
スポンサーリンク

ピリジャーっていう悪そうな「ウィー ウィー」って言うキャラに、皆さん、会いましたか?
これは、最新のマイクラで実装されており、ちょっとやっかいなんですよね~
序盤のプレイヤーが防具なしの状態では、勝つのは難しいし、複数(2~5体)で出現します。もし勝ってしまうと・・・オソロシイ・・・、(プレイヤーが村に入ると)仕返しに3~5回 5,6体の集団で攻めてきます~ こうなると、もう冒険どころではないですよね。
ピリジャーを家の前で見たプレイヤーは逃げると思います。家の中かな?・・・で、ゲームを終了しても、再び再開すると、まだ居ます・・・う・・・。で、もって、家の中で何もせず、3~4日過ごすと、やっと離れてくれます。


この様に家の前に現れます。明るくても出ますし、しばらく家の中にいても、離れてくれません><

家の周りを歩いてます・・・ 怖いなぁ><

結論から言うと序盤のピリジャー対策は、難易度をピースフルモードにするだけです。ノーマルモードやイージーモードでプレイしてても、ピリジャーは出ますので、ピースフルにして、ピリジャーが消えた事を確認して、再びイージーまたはノーマルに戻して遊んで下さいね。
ノーマルしばり や イージーしばりも結構なんですが、ピリジャーは消えてしまいません。割り切って、ピースフルで抹殺して、難易度を戻しましょう。

スポンサーリンク

追記

私がマイクラを始めたのは、ピリジャーの実装後なのですが、最初、逃げ回ってました。最近、新しいワールドを初め、そこでピリジャー2体と戦いました。こちらは、鉄の防具と盾を持っています(鉄の防具・盾洞窟探検をすれば、いずれ手に入ります。今はできる事を進めましょう)。ピリジャーは、クロスボウ持ちなので、盾で防ぎながら、鉄の剣で倒すと楽勝でした。イージー、ノーマルだとピリジャーが2~5体で拠点へ来るらしいので、装備が揃っている(鉄の装備と盾)なら、戦ってもOKと思いました。(5体は、ちょっとしんどいかも・・・1~2体倒しては、体力を回復させ、1~2体倒すをくり返せば良いでしょう。)
また、倒すと、拠点に仕返しに来るかな・・・と思いましたが、全く来ません。やはり、マイクラwikiにある通り、『ピリジャーを倒すと、プレイヤーが村に入った途端、襲撃イベントが始まる』とあったので、村限定みたいですね。
ドロップアイテムは、不吉な旗だけでした・・・ 結論は、遠くに居るなら放っておいて良いし、近くで少数なら叩くもありでOKと思います。ご参考までに^^


ピリジャーの大将です(旗を持っています)。鉄装備と盾があれば、敵ではない!
盾で矢を防ぎながら、接近戦で仕留めます。

ピリジャーの大将を倒すと、右上に「不殺な予感」というアイコンが付きます。この状態で、村に入ると、襲撃イベント(下記参照)が始まります。このアイコンは、牛乳を飲むことで無効化できます。(一旦、ピースフルモードにしてもアイコンは消えませんでした。牛乳でしか消せないようですね。)
※1.不吉な予感のステータス時間は、100分(実時間)でマイクラ時間で10日です。ついた場合でも、村に近づかなければ、時間経過で消えます。序盤、村が近くにないプレイヤーは気にしなくてもOKと思います。
※2.襲撃イベントとは、プレイヤーが不殺な予感のアイコンをつけたまま村へ入ると、ピリジャーやその手下(5~6対)が複数回、村に攻めてくる事です。難易度高めの上級プレイです。村を柵で囲って要塞化したり、塔をつくったりしないと、勝つのに手こずります(それでも10分以上かかる)。 撃退しても、そんなにおいしいご褒美はなく、少々の物資がもらえます。トロフィーの対象なのでチャレンジしたい方は、村を十分開拓し準備してからオススメします。
おすすめ記事
第1章 冒険のはじまり
第1章 冒険のはじまり の目次のページです。この章では初めてマインクラフトをやる人向けに、ベッドの使い方、安全な夜の過ごし方を書いています。また、初めての家造りについても書いています。
第2章 農業のススメ
第2章 農業のススメの目次のページです。2章では、農業のやり方と動物の飼育の仕方について書いています。また、マイクラの世界がどのような仕組みで動いているかも書いています。
第3章 洞窟探検へ
第3章 洞窟探検へ の目次のページです。3章では洞窟探検へ向かう装備や、洞窟の歩き方から、モンスターの対処方法について書いています。また、洞窟探検で得た鉄をつかったクラフトを紹介しています。
第4章 村へ行こう
第4章 村へ行こうの目次のページです。村の探し方から、村で最初にすること、安全を確保することについて書いてます。。また、村人の取引の方法や増やし方についても書いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました