補足6)死について

補足
スポンサーリンク

みなさんは、これまで何度かマインクラフトの世界で死を経験してるかもしれません。イヤですよね>< でも、誰もが1度は経験する事だと思います。今回は、死んだ後の対処について、伝えたいと思います。

図は、ブロックを積み上げて40ブロックの上にいます。通常のプレイヤーが防具をつけてても、この高さから落ちれば死にます・・・ では、検証と言う事で、ダイブしてみましょう~


今回は、地上より40ブロック積み上げました~ 怖いですね。
マインクラフトの死を検証したいと思います。ダイブ・・・(次へ続く)

地面にぶつかり、死んでしまいました。通常、リスポーンのボタンを押して下さい。

ゲホッ・・・案の定、死にました。リスポーンを選び、最後に寝たベッドで生き返ります。
アイテムは、ゼロになっています。うう・・・苦労して作った革の防具もない・・・


最後に寝たベッドの場所でリスポーンします。(生き返る事)
アイテムは、ゼロになっています・・・;;

死んだ場所に戻ってみましょう~


死んだ場所に戻ると、持っていたアイテムが全て、落ちています。
5分以内に回収しましょう~

持っていたアイテムがそこら一面に転がっています。結構、広い範囲でした(5×5位)。プレイヤーが死んだ時、その下のブロックが溶岩、サボテンなどアイテムを消滅させる特殊なブロックでない限り、アイテムは図の様に、転がっています。このアイテムは、実時間5分したら、永久に消え、消滅します。5分以内に回収しましょう~ 経験値も37から7へ激減です・・・ 序盤では、『経験値を消費して良い道具を作る作業』(この時、経験値が必要です)は無いので、ゲームの進行には、ほとんど関係ありません。(でも、経験値貯めて置くと、後半良いことがあります^^)


経験値は、7になりました。序盤では経験値は、あまり重要でないので良しとします。

もし死んだ場合、ベッドと死んだ場所が近い場合、または5分以内に行ける場所なら、頑張ってアイテムを取りにいきましょう。危険な洞窟内でも、装備無しでも結構行けるものです。 持ち物をゲットしたら、鎧、剣など装備しましょう。アイテムを拾っただけでは装備されません。死は、そうそう起こる事は無いと思うのですが、大事なアイテムを持って死んだ場合、その場所へダッシュしましょう。 5分以内へ行けば、取り返せますよ。

 

アイテムの消える時間

地面に放り投げたアイテムの消える時間も、5分です。また伐採をやっていて、落ちてきた原木や苗も発生してから5分で消えちゃいます。これはマインクラフトの世界の法則です。もし、拾い忘れたアイテムがあり、5分以内なら残っているはずです。ちょっとした事ですが、覚えていて損はないと思うので、頭の片隅に入れておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました